社会医療法人 母恋

理事長 勝木 良雄

社会医療法人 母恋の使命は「医療人として組織として社会に貢献する」ことです。 1911年(明治44年)、後の日鋼記念病院となる私立楽生病院が㈱日本製鋼所により開設されました。また同年、2003年に経営統合した天使病院が札幌の地でフランシスコ修道会により開設されています。 胆振、札幌の地で百年以上にわたり、地域とともに歩み続けてまいりました。
当法人は2010年3月1日、胆振地域 日鋼記念病院と札幌地域 天使病院の2病院が認定要件を満たし社会医療法人に認定されています。
社会医療法人制度は救急医療やへき地医療、周産期医療など特に地域で必要な医療の提供を行う医療法人を新たに社会医療法人として位置づけることにより、病院経営や職員教育に民間病院の手法を活かし、将来にわたって良質かつ適切な医療を効率的に提供する体制を確保することを目的としたもので2008年4月に施行されました。そのため社会医療法人は高い公益性が条件とされており、非営利性・透明性の確保、同族性の排除、出資持分の放棄等がその認定要件となっています。
当法人の社会医療法人認定は、使命として「医療人として組織として社会に貢献する」との想いと、当初の設立母体である㈱日本製鋼所のCSR(企業の社会的責任)の想いが形になったものです。 病院は地域社会からの厚い信頼があって初めて、地域の財産として機能します。良い時も悪い時も地域の方々や職員と情報を共有し、将来にわたって地域の信頼に応え当地の「財産」と思ってもらえる病院、来院された方がいつも「ほっ」とできる病院を目指し「一歩前へ」と努力し続けます。
胆振、札幌それぞれの地で進めてきた先達の力強い歩みを継承しつつ地域の要請に柔軟に応え得るしなやかさを持った法人運営を心がけてまいります。


日鋼記念病院トップへ戻る 天使病院トップへ戻る
ページトップへ戻る